Q.不妊治療中。どうしたら子供を授かれますか?

Q. 36歳、女性です。4年前に結婚しました。不妊治療をしていますが、結果が出ずに心が折れそうです。結婚してすぐに授かった友達や、不妊治療をして授かった人の話を聞くと、なぜ私にはできないのか辛い気持ちにしかならなくて、心から祝ってあげられない自分に自己嫌悪になります。不妊治療もとても辛いです。でも子供をあきらめるのも辛いです。子供ができる人、できない人は何が違うんですか?私はどうしたら子供を生めますか?

A.

子供があなたの体を通して生まれてくること、生まれてこないことは、純粋に物理的な理由もあれば、そして、その物理的な体に入ってくる魂の問題もあります。

物理的な肉体が用意できたとしても、そこに魂がやってこなければ、その新しい子供はそのまま生まれてくることはできなくなります。

じゃあどうやって魂は肉体を選ぶのか?

それは、魂が自分自身の課題を見るために、体験するために、体を選んでやってきます。

そしてもうひとつ、その母親、もしくは夫婦の間で、人生の流れというものもあり、子供が生まれることは大きな体験です。

そうしてその子供を育て、一緒に成長していくことは偉大な体験でもあります。

ですが、それしか体験が人生にはないわけではありません。

あなたの人生、もしくは、二人としての人生が、どのようなものを作り出すのか、それは、あなた自身の魂や、あなたの肉体が持っているカルマが何を体験させようとしているかによって決まっていきます。

つまりあなたに子供が生まれるにせよ、生まれないにせよ、あなた自身の人生の体験は偉大なものとなります。

偉大な体験とはなんでしょうか?

あなた自身が、あなた自身の人生に、幸せと愛を体感できるようになることです。

幸せと愛は宇宙の本質でもあります。

そしてもちろん、ただ子供が生まれたから、もしくは生まれなかったからといって、その幸せや愛、平安、それらの体験できる、できないが決まるわけではありません。

人生を見てみましょう。

「自分は幸せを体現するんだ」と、「自分は愛を体現するんだ」と、「自分は喜びを体現するんだ」と、その決心があなたの人生をそちらの方向に向かわせていきます。

あなた自身に子供が授かる、授からないに関して、思い悩むことをまずは手放していきましょう。

そうすると、あなたにとってベストな体験がやってきます。

そのベストの体験はあなた自身の人生が、最高に幸せに愛にあふれたものになる体験です。

そしてそこに進んでいこうと決心し、そしてその決心をさらに加速させて具現化していくために、サポートをしていきましょう。