Q.病気になるときは、何か自分が間違っているときですか?

Q.病気になるときは、何か自分が間違っているときですか?

A.

全ての病気は意識から起こっています。

あなたたちの言う現代医学で感染症と呼ばれているものですらそうです。

そういった意味では、病気の原因は意識にあります。

逆に言えば、意識を変えることによって病気を治すこともできます。

ですが理解していただきたいのは、それが「間違っているからだ」と自分を責めないでほしいのです。

自分を責める思いは「罪悪感」であり、そしてそれはあなた自身が病気を作り出す元になっているからです。

罪は存在していません。

誰かが間違いを犯すことはあります。

そしてその間違いにより、傷つく人がいます。

傷つくのは愛が壊れたと感じるからです。

「もう愛されることはない」「もう愛することはできない」その痛みを感じるからです。

そしてそれはただ、それぞれの人の中で起こっていることです。

その痛みを取り去ることもできます。

そして人は間違いを正すこともできます。

ですが、罪悪感は痛みに留まります。

痛みを再生し続けます。

この世界で何万年もの間、罪悪感は必要だと思われてきました。

ですがこれからあなたは、この罪悪感から自由になっていく必要があります。

罪悪感ではなく、愛を採用するようになります。

あなたが病気になるとき、それは癒すべき何かが浮かび上がってきているだけです。

そこに罪はありません。

ただ、正すべきもの、やり方を変えるものが目の前にあるだけです。

あなたがそれを変えようと思ったとき、そのやり方やその変化を促進することを手伝うことができます。

あなたがもし病気になったのならば、それは変えるべき何か、もしくは癒すべき何かがそこにあるというだけです。