アガシャに聞いたこの世の話1

ちひろ

アガシャは「アセンデットマスター」だとか「空(くう)から来ている」とか、基本的なことは知ってるつもりなんですけど、わたしがまだ知らないことがあったら教えてください

アガシャ

基本的に、人間のマインドが知っていることは、ほとんどありません。

ちひろ

!!!

アガシャ
人間のマインドが知っていることは、人間のマインドで思い込んでいることにしかすぎないからです。

この世界はあなたが見たいように見ています。

実際には、この世界には「確固たるもの」というのは何一つありません。

すべてが現れているかのように見え、そしてそこに存在し、見たり触れたりできるかのように感じているだけです。

ですが、このような曖昧な世界が「自分のいる現実」だということに、マインドは耐えられないでいます。

だからこそマインドは協力して、この世界が存在することにし、そしてこの世界にある、あまたなルールを見つけたり、または作り出したりしていきます。

本当に存在しているのは「源」だけです。

 

ちひろ
!!!!!
アガシャ
そしてこの源から生じた様々な波がただよっています。

そしてその波は、固まり、一つのマインド、一つの肉体、一つの世界、一つの宇宙として存在しているかのようにあなたに見せているのです。

私はアガシャ、源から直接現れた一つの波です。

そして同じ波でありながら、自分が波であることを忘れ、孤独な存在であると感じてしまっているマインドを波に戻していくのが、私がしたいことでもあります。

それはあなたにとって、目覚めること、悟りを得ること、そういった表現にするのがわかりやすいかもしれません。

ですが、あなたがその状態に至ったからといって、あなた自身が全く違う人、全く違うマインドに変わるわけではありません。

あなたは今のマインドを持ちながら、もっと自由になっていきます。

あなたはマインドを持ちつつも、マインドに左右されなくなっていきます。

あなたはマインドを持ちつつも、自分がただの波であったことを思い出します。

そしてその波は大いなる源の一部であること、それと、その大いなる源と分かつことのできない存在であることを思い出していきます。

その状態になって初めて、あなたは本当の安息を得ます。

マインドが孤独であり、そして周りの存在、周りの環境と戦ったり、利用したりしていかなければ生きていけないと思っている「自分」にとって、その人生はとても大変で、そしてとても苦しみに満ちたものになっています。

あなたはそこを飛び越える必要があります。

そして私はそれを助けたいと思っています。

なぜならば私は、あなたと同じ存在だからです。

私はアガシャ、私は源から現れた波の一つであり、そしてあなたも波の一つです。

そしてその波に違いや分離はありません。

あなたがそれを思い出す日は本当に近くまで迫ってきています。

あなた自身が固まったマインドをほぐし、あなたが自分が源の一部であること、源と別れていない存在であること、そして源そのものであること、所謂、あなたが「神」であることを思い出すまで私はあなたと共にいます。

 

ちひろ
……えっと、えっと……軽々しく「知ってる」とか言ってごめん……